• Dr.たっくん

③バンドの楽曲制作〜デモ作り込み編〜

最終更新: 3月14日





皆さん


おはこんばんちは


What at lazz ドラム兼リーダーのたっくんです。


ブログ3本目。


三本坊主にならないように

頑張ります。


このブログでは

みなさんが寝る前とか

休憩時間とか


暇な時に

暇を潰せるブログ


たっくんを中心に

書いております。


今はワトラズの曲作りに関して

ブログを書いております。


前回の記事もよかったら

見ていってください。


前回の記事はこちら↓↓

②バンドの楽曲制作〜デモ制作編part1〜


ちょっと今回も長いので目次入れます笑

【目次】


 ー 最近ハマってるイギリス発シンガーソングライター


 ー バンドの楽曲制作〜デモ作り込み編〜


 ー お知らせ


さて本題に入る前に


最近久々に惹かれた


イギリスの

シンガーソングライターに関して

書きます。


まじで


久々に痺れた


Beabadoobee(ビーバドゥービー)

”フィリピンイロイロ生まれロンドン出身のイギリス人で、シンガー・ソングライターインディー・ロックミュージシャンである。

2018年から2019年にかけて4枚のEPをインディー・レーベルDirty Hitからリリースし、レーベルメイトのThe 1975クレイロのサポートアクトを務める。

2020年のブリット・アワードではライジング・スター賞にノミネートされ、NMEアワーズではレーダー賞を受賞した。またBBCが期待の新人を発表する「Sound of 2020」にも選出される。

2020年にTikTokでバイラルヒットしたPowfuの楽曲「Death Bed (Coffee for Your Head)」にビーバドゥービーの音源が使用され、フィーチャリングアーティストとして世界的ヒットを記録する。2020年10月にデビューアルバム『Fake It Flowers』をリリースし、10月29日付けの週間全英アルバムチャートで初登場8位を獲得した。”

引用:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC



とにかくオシャン


久々にCD即ポチりました

このグランジっぽいというか

オルタナティブポップ


かっこいいすよねー


激しさもあるグランジの中に


歌声の美しさがあって、


めちゃきれいに

まとまっている感じが最高。


結構日本でも展開されてる

見たいですね


HMVにもCDあったし


あとやっぱり僕がドラマーだからか


ドラムが良い、!!


こういうドラム展開

めちゃタイプ。


ゆっくりなんだけど

美しく激しい的な


言葉にするのが難しい、、!!


一度イギリスに行ったこともあってか

結構UKロックバンドが好きで

いろいろ漁ってます。


Oasisはもちろん


Block party

Catfish and the Bottlemen

Pale waves

とかとか


1番の推しは

CHVRCHES(チャーチズ)です

一瞬シュバリエに

見えますが、違います笑


CHVRCHES(チャーチズ)

に関してもいずれ書きたいっすねー


ということで

Beabadoobee(ビーバドゥービー)

おすすめなのでぜひ聴いて見てください!


PVもいいけど

このライブ配信映像がまじで最高。


セットで組まれた

花畑の中で演奏してて


激エモい


あとスネアの音が良いのと

ベースが美人!!笑


おすすめです


さて本題に入りましょう。


前回の続きで


本日は鼻歌を

如何にデモに仕上げていくか

を書きます。


今回からだいぶ機材よりの

マニアックな話になりそう。


前回の記事を読んでない方はぜひ読んでみてください!

(最初から読んだ方がわかりやすいかも?)


1本目↓↓

①バンドの楽曲制作〜制作の順番編〜


2本目↓↓

②バンドの楽曲制作〜デモ制作編part1〜



デモ作りに

僕はCUBASEという

作曲ソフト(以下DAW)を使っております。

Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅでお馴染み

中田ヤスタカさんや


アニソンの帝王 神前 暁さん など


有名作曲家も愛用するDAWです。


僕はバージョン8.5を使用しています。

(早くアップデートせねば、、、)


まずこのDAWを立ち上げて


ピアノを使って鼻歌を打ち込んでいきます。


結構手間ですが

僕はピアノをちょっとしか弾けないので


ぽちぽちと


マウスで打ち込んでいっております。

基本的にボイスメモに録音しているのは

サビの部分が多いので、サビからの作成

が主になってきます。


鼻歌を打ち込んだら

次はコード付け。


これがかなり難しい、


結構悩みます。


頑張って捻り出します。


でも最近は少しコードで遊ぶこともできるようになったかな?


かなりの基礎(ダイアトニックコードなど)は頭に入っているので

なんとかそこからアレンジしていきます。


参考曲などあればそれも参考にして作っていきます。


ここで本当に役立つのがCUBASEの機能です。


コードアシストと言う機能があります。

これはが楽器が弾けなくでも

コードネーム(C,D,Emとか)さえわかっていれば


コードの構成音をMIDIで打ち出してくれます。

こんな感じで。




これめっちゃ便利。

これないと作曲できないレベル。

作曲し始めの時は本当に助かった。


最近はギターでコード確認して


この機能で打ち込むと言う方法にしています。


ギターもなんだかんだ3,4年触ってるんだなー


これでメロとコードが出来上がります。


これだけではつまらないので


これから他パートの構成に

入っていきます。


今回はここまでにしましょう。



またもや結構長くなってしまった

ここまで読んでくれてありがとうございます!


最後に2つ告知です。


ワトラズでは5ヶ月連続リリースを行っておりましたが、

ついに先月5ヶ月連続達成致しました!


ラストの5曲目は

改名前の

「CHEVALIERs」

の時からある一曲

「slashing symphony」を

1/31にリリースさせていただきました。


画像をタップorクリックすると

視聴ページに飛べます。


一番最初にLiSAっぽい曲に憧れて、

見様見真似で作った思い入れのある曲です。

LiSA好きなら間違いなく好き!!笑


アニソンテイストでソリッドでかっこいい曲になっています!

ぜひ聴いてみてください。


もう一つ

2月7日にOutputのライブに出演します!

緊急事態宣言中ですが、早い時間からやるので

入場もできます。


配信でもやりますので、ぜひご覧ください!


ちょっと次は5ヶ月連続リリースの裏話でも

それでは!




おまけ

いつの日かの旧OUTPUT


 
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

©2020 by What at lazz. Proudly created with Wix.com